set list 2005

2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002


■ 05/02/11 東高円寺U.F.O.CLUB
■ 05/03/04 渋谷Edge End
■ 05/03/28 高円寺SHOW BOAT
■ 05/05/22 東高円寺U.F.O. CLUB
■ 05/06/18 吉祥寺曼荼羅
■ 05/07/24 下北沢Daisy Bar
■ 05/11/14 吉祥寺STAR PINE'S CAFE
■ 05/12/18 吉祥寺曼荼羅


■ 05/12/18 吉祥寺曼荼羅

大本営発表
Fade of mine
-MC-
のらくろ

China cross over
-MC-
ハッピーエンディング(カバー:モスキイト)
メルト銀河

-MC-
サンタの置き手紙
迷探偵現ワル



■ 05/11/14 吉祥寺STAR PINE'S CAFE

のらくろ
-MC-
撹拌
-その頃宮廷では-
BLUE FILM
-MC-
メルト銀河
-その頃宮廷では-
ルサンチマン
-MC-
迷探偵現ワル

 


■ 05/07/24 下北沢Daisy Bar

Fade of mine
撹拌

-MC-
のらくろ
はっぱ64

-MC-
メルト銀河
スリさんの置き手紙(*1)
名探偵現ワル


(*1) 
ゲストとしてスリ・ジャヤワルダナプラコッテさん(fromスリランカ) を迎えての演奏予定でしたが、突然の失踪。
楽屋には一枚の置き手紙が。しかし全く読めず。

 


■ 05/06/18 吉祥寺曼荼羅

マントラ
お話1(*1)
China cross over

-MC-
BLUE FILM
お話2(*2)
オモチャ箱

-MC-
のらくろ
お話3(*3)
メルト銀河


(*1) 
ある朝目を覚ますと僕は一匹の芦屋雁之介になっていた。 「ぼ、ぼぼぼぼぼぼぼぼ」 上手く言葉が出てこない。 「ぼ、ぼぼぼぼぼ 僕は…」 思いばかりが先に立ち、体が付いて来ない。 まるで肉体に戒厳令がしかれているかのようだ。 そうだ、切り絵でもって伝えよう。 この黄色の半円は月だ。上弦の月だ。 これをあの中国女に差し出すのだ。 China cross over。
--- (*2)
どもりの中年の悲しい末路を見終えて、 僕は映写機の電源を落とした。 ポルノというより、これはむしろエログロの域だ。 胸がムカムカする。 「はたまたやーやか」 背もたれに体をあずけると、 ふいにその座椅子がグラついた。 「お前は椅子なんだからしっかり支えろ!」 「申し訳御座いません御主人さ…」 「椅子がしゃべるな。お前はメイドじゃなくて椅子だろ?」 「申し…」 オモチャ箱。 --- (*3)
その男の間違った愛情表現が招いた物語の終演を、 僕は他人事ならぬ思いで見守っていた。 かくいう自分も直情的な一人に違い無いのだ。 事はもう廻り始めている。 直情型の男はお嫌いですか?そうですか。 それでは見積もりからやり直します。 百年経ってもその意味は判らなくていい。 カプセル怪獣を3つ言えなくてもいい。 全てが星と星の隙間の些細な事柄なんだ。 メルト銀河。



■ 05/05/22 東高円寺U.F.O. CLUB


マントラ

-MC-
のらくろ
Fade of mine

-MC-
ルサンチマン
大本営発表

-「アズミの置き手紙」-
迷探偵現ワル



■ 05/03/28 高円寺SHOW BOAT

メルト銀河
撹拌
-MC-
のらくろ
途中のカフカ
オモチャ箱

-MC-
はっぱ64
China cross over


■ 05/03/04 渋谷Edge End

Silver
Fade of mine
-MC-
狂人日記
BLUE FILM
-MC-
マントラ
のらくろ


■ 05/02/11 東高円寺U.F.O.CLUB

メルト銀河(ヨアンvo.)
のらくろ
-MC-
Fade of mine
撹拌
マントラ
-MC-
途中のカフカ
ルサンチマン
大本営発表
後片付け